自分が一番びっくり

年中のHちゃんとYくん。

仲良しでよく一緒に遊んでいます。


Hちゃん、みんなが登ってる木に登りたいけど「登れないんだよね」と、ちょっと怖い。

するとYくんが

「見てて。手をこうやって次にこうやって…」

と、解説付きで見せてあげます。

それをじっとみていたHちゃんも、やる気がわいてきました。

必死にしがみついて登ります。

足が意思方離れて、体を木の上にのせることができました。


この時のHちゃんは笑顔を通り越して、

目を見開いたびっくり顔。一瞬おいて「登れた!」と言葉にしました。

この日は、何度も何度も木登りを楽しんでいました。

やっとできた喜びは、驚きの後にやってくるんですね。

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動場所まで歩く時間は、子どもたちのおしゃべりに花が咲きます。 急な山道を登っていて、身体が暑くなった年中のYくんが、 「もう、早く冬が来たらいいのに。」と言い出しました。 「ここ、ぜーんぶ雪になるよ。雪だるま作りたい!」 前を歩いていた年長のKちゃんも加わって、 「この坂を転がしたら、めっちゃ大きい雪だるまが出来るね!」と盛り上がりました。 突然、Yくんが両手の握りこぶしを重ねて見せながら言いま