top of page
  • まー

おかねの価値

毎朝、お地蔵さまに

「もりで あそばせてください」

と、挨拶しています。


一年以上前から、そのお地蔵さまに、おもちゃの一万円札が

供えられているのですが、それを見て、年長のSくん。


「おかねってさー、なんなん?!

ただの紙に、書いとるだけじゃん。

なのに、なんで?!

一円だってさー、鉄に字が書いてあるだけじゃん。

なんなん! がらくたじゃん。

S、きらいなんよ!」


大人たち 「ほんとねー! なんなんかねー。」

と、共感しました。


2才から入園したSくんも成長して、

いろいろなことを感じるようになっているんですね。

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

短冊配り

毎年、七夕の時期に地域の方たちに短冊をお配りし願い事を書いて頂いています お宅に訪問すると、お庭にダンゴムシがゾロゾロ 手のひらにはダンゴムシ大渋滞 手に握りしめて、短冊配り 暑かったけれど、楽しかったねー

せーのって言ったよ!

もりのこえんの号令当番は、毎日の朝と帰りのあいさつの時に前に出て、 みんなに整列して前を向くように声をかけ、大きな声で「せーの」と言います。 昨年までは年長さんがやってくれていたけれど、今年は、やりたい人がするスタイル。 この2ヶ月はほとんど毎日、年中Iちゃんと年少ながら物怖じしないJくんの2人が、 我先に「号令する!」と言っては、上手にやってくれていました。 5月が終わるある日の朝、年少のTくん

石屋さん

Comments


bottom of page